記事の詳細

あどばんす 5月26日(日)、新潟市の海岸のごみ拾いを7チーム(4、5人ほど)に分かれて行いました。中高生から社会人まで、協力してごみの分別を行いながら作業しました。

 1時間では取り切れないほどのごみが落ちており、参加者もこの現実に驚いたようです。結果はごみ袋54個、タイヤ5個、その他プラスチックの粗大ごみがいくつも集まりました。

 その後は、チームごとにお菓子を囲みながら交流したり、感想を共有する時間を持ちました。

参加者の感想を紹介します。

「汚い場所がどんどんきれいになっていく様子が気持ち良かったです」(40代、社会人、女性)

「初めて参加しました。思ったよりごみがたくさんあってびっくりしました。キレイになった後の達成感がよかったです」(10代、学生、女性)

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る