記事の詳細

Rubik's Cube 3月24日(日)、広島市内の文化施設の周辺を利用して、「親子愛を育もう!」というテーマで親子連れの皆さんを対象に紙芝居の読み聞かせを行いました。

 今回は、観てもらうだけでなく、登場人物のペープサート(紙で作った人形)を保護者のかたにも持ってもらい、一緒に動かしてもらいながら参加していただきました。

 始める前は人が少なく子供の姿がほとんど見えなかったのですが、始める準備が整う頃になると、前々回から観てくれている子供たちが来てくれて、多くの皆さんに観ていただくことができました。紙芝居上演のあとには、子供たちに折り紙のプレゼントをしたり、保護者のかたともお話をしながら交流しました。

以下、参加者の感想です。

「前々回、前回に引き続き来てくれた子供たちが楽しみにしていてくれていたのでとてもよかったです。子供たちの心に残っているんだなと思いました」

「『いつもここで紙芝居をされているんですか?』と関心を持ってくださる保護者のかたがたも多く、うれしかったです」

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る