記事の詳細

CHIKUZEN-NI 3月10日(日)、大阪市の会場で「多文化共生について学ぼうの会!」を行いました。

 CHIKUZEN-NIのプロジェクトをより活性化させ、多文化共生を実現していくための企画として、今回は昨年の活動報告を行い、2013年のミッショ、ゴールを参加者で共有しました。外国人の参加者としては、韓国人と台湾人の青年が参加してくれました。

 まず、しりとり自己紹介ゲームや、出身地順に並ぶ整列ゲーム、フィリピンで有名な7UPなど、アイスブレークとしてゲームを行いました。7UPは大変盛り上がり、優勝者にはフィリピンバナナを贈呈しました。

 その後は、海外のお菓子を囲み、フリートークの時間を持ちました。異文化体験談や韓国語レッスン、文化の違いなどについて語り合いながら、親睦を深めました。

 そして、2013年のCHIKUZEN-NIのゴールに向けて、テーマを決めてディスカッションを行いました。今後の活動に向けて参考となるような、さまざまな意見が飛び交う話し合いの場となりました。

以下、参加者の感想です。

「このような楽しい集まりもあるんだと思い、何か温かい気持ちを感じました」(韓国人、男性、初参加者)

「ゲームなどが楽しかったです。ディスカッションでは日本に来た外国人が困っていることについて話し合いましたが、今まで考えたことがなかったので、真剣に考えるよい機会となりました」(日本人、女性、リピーター)

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る