記事の詳細

2月ボランティア_170213_0012 週末で気温が下がり、風の強い日で、開始前には雨も降ってきましたが、清掃中はほぼ降ることなく特に気にせずに活動できました。前回から参加者も増えて、一人一人2月ボランティア_170213_0008が、活動の意義を考えながら取り組んでくれて、楽しかったという声も多かったです。心がスッキリしたり啓発されている人もおり、今後の可能性を感じさせてもらえた活動でした。

 ごみの量自体はかなり多く、漂流物もあり、なかなか減って行く実感はないですが、みんな黙々と取り組みながらも、楽しみ充実感を感じてもらえていたので、一人一人が生活に持ち帰って、月一の活動だけでなく、普段から清掃に留まらず、もっと地域に貢献していける生活を送って欲しいと感じました。

 今後もより参加したい人が増えるように、発信していきたいと思います。

■参加者の感想

・ごみ拾いをしながら心が啓発されて良かったです。一緒に活動したメンバーともごみ拾いを通して、輪が広がった感じがして楽しかった。もっと長い時間活動できても良かった。(10代女性)

・ボランティアを終えて、「いい事をしたなあ」という気持ちになれた。小さなごみまで欠かさずに拾いキレイにできたことで達成感を感じた。もっと多くの人が参加できたらいいなあと思った。(10代女性)

・風が強くごみも大量にありましたが、ごみを拾いながら、心が明るくなっていく気がしたので良かったです。人数はそんなに多くなかったですが、また参加できたらいいなあと思います。(40代男性)

・前回より人が増えた分、短い時間で集中して取り組めた。もう少し時間をかければ、もっとキレイにできていたので少し残念です。(10代男性)

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る