記事の詳細

 12月17日(土)、障がい者デイサービス施設へ行ってきました。施設の利用者の方の参加人数は40人程でした。これまで以上の大勢の方が参加してくださいました。

 今回の活動は2016年、エンジェルブリッジとしても最後の活動でした。この施設さんでは、去年もクリスマス会をさせてもらって、その後すぐに今年もお願いしますと、年度当初からお話をいただいた上で実現された、今回の活動でした。

 プログラムは前半が『手のひらを太陽に』『幸せなら手をたたこう』『365歩のマーチ』『誕生日おめでとう』『上を向いて歩こう』『世界に一つだけの花』。そして後半は、サンタ・トナカイの入場、サンタとトナカイによるマジックショー、その後、『あわてんぼうのサンタクロース』の楽器演奏、『赤鼻のトナカイ』、『もろびとこぞりて』のアカペラ、『見上げてごらん夜の星を』『恋するフォーチュンクッキー』等を歌いました。今回も曲のほとんど全部を、歌うだけではなく、施設の方と触れ合える手遊びやダンス、振付を交えて歌ってきました。

 今回の活動を終えて、メンバーから口々に、<与えるよりも逆にこちらが与えられた>という感想がたくさん出ました。会場につくと、クリスマス仕様に部屋がとってもきれいに飾り付けされていて、また、私たちが着くなり、司会をされていた利用者さんが一生懸命に私たちを皆さんに紹介してくださいました。喜んで迎えて下さっている雰囲気をみんなが感じました。

 今回も振付曲や、利用者さんと触れ合いながら踊る曲ばかりでしたが、やはりどの方も表情がだんだんと柔らかくなられ、前に出てきて一緒になって踊って下さったりと、全身で喜んで下さる姿が印象的でした。

 終わってから、スタッフの方が私たち一人ひとりに、お菓子のプレゼントを準備して下さっていました。そればかりでなく、サプライズで、利用者さんの手作りの、さおり織のプレゼントまで準備して下さっていました。利用者さんが前に出てきて私たち一人一人に手渡ししてくださいました。

 気持ちのこもった贈り物で、すごく、嬉しかったです。1日を通して、利用者さんとスタッフの皆さんから、笑顔と、心のこもった贈り物を、与えられた私たちでした。感謝の気持ちでいっぱいです。

 今後はより発展して、新しい曲や芸を準備して、皆さんをより喜ばしてさしあげることができるように、また、今日以上に全体で喜び溢れる空間を創りだしていくことができるように、みんなで試行錯誤しながら歩んでいきたいです。ありがとうございました。

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る