記事の詳細

 12月10日(土)、金沢市にある老人ホームにて約1時間の慰問活動を行いました。施設の利用者さんたちを前に、ダンス、インタビュー、歌、琴の演奏、手品などメンバーの特技を活かした発表を行っていきました。

 参加したメンバーからは、「これまで出し物はたくさんしてきたけれど、今まで感じたことのない感動があった」「個別に関わるときには戸惑ったが、ダンスは笑顔で踊ることができ、利用者さんにも喜んでもらえて嬉しかった」などの感想が聞かれました。
 
 どのメンバーも「楽しかった!」「またぜひ慰問に行きたい」「何をしたら喜んでもらえるかを考えたい」と嬉しそうに感想を話していました。

5daddb08-0bb5-4cff-aeb6-ba96bfcfbd79 今回慰問活動に参加したメンバーのうち9割が自身のおじいちゃんおばあちゃんと同居していないということで先入観から高齢者とふれあうことへの不安を感じていた人もいたようですが、このような形でふれあうことで自分たちの愛の器も広げていけるのではと感じました。
 
 さらに、メンバーの主体的意識が引き出され、意見を出し合う姿が見られました。一つの目的に向かって準備から当日まで、メンバーが一つになっていった尊い期間になりました。

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る