記事の詳細

img_9886-1024x683 今回12月3、4日に青年5人で二神島に行ってきました。

 1日目は主に奉仕活動と青年の畑の手入れと杉を倒しての開墾をメインに作業を行いました。奉仕活動では午前中に島の方々の生活用水である水路の泥出しを行いました。粘り気と水分を吸った重い土をショベルで運ぶのは腰に負荷がかかり大変でしたが、島の人が喜ぶ顔を想像しながら作業した結果、外観がきれいになっただけでなくすごく気持ちが温かくなりました。

 昼食は畑でおにぎりや漬物をみんなで囲んで食べました。決して豪華ではありませんでしたが、みんなの楽しそうな声や笑顔があふれて家族のように感じられました。

img_9784-1024x683 午後からは職人の方に協力していただき、青年の畑の上段にある杉の木を倒しました。杉の木を倒したことによって景観も広がり、いのしし対策や新たに開墾して使用できる場所が増えました。

 夜は冬の夜空の下で星空観測を行いました。寒い中ではありましたが、もう言葉では表せないほどの美しい星が目の前には広がっていて、流れ星が流れた光景は忘れられません。本当に自然は素晴らしいなと肌で感じました。

 2日目は朝から雨が降っていたため、午前中は簡単な作業しかできませんでしたが、午後からは活動内容、今後の方向性や課題を話し合うなど今後このPJがより発展していく時間を過ごすことができました。

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る