記事の詳細

 1月26日(土)、大阪市内の会場で、3回目となる「青年プロフェッショナル育成セミナー」を開催しました。

 参加者は40人で、高校生、大学生、社会人、教育者、保護者、中には親御さんと中学生の姿も見られました。前回に引き続き、教育界、学術界、経済界の三分野に、今回は新たにNPOを加えた四分野から先輩がたをパネリストとして迎えて行いました。

 午前中のパネリストのメッセージが終わった後は、参加者同士の交流や共有の時間を持ちました。それぞれが感じたことや目指しているもの、また、どの分野に進もうとしているかを話し合いました。

 質疑応答では、答えにくい難しい問題に対しても、パネリストのかたがたが真摯に答えてくださっていました。

 午後からは四分野に分かれて2時間、分科会を行いました。どの分野も質問が多く飛び交い、充実した分科会となりました。

以下、参加者の感想を紹介します。

「楽しかったです。いろんなことを学ぶことができました。私はまだ中学生ですが、興味とか夢が変わるかもしれないので、また参加したいと思います」(女子、中学生)

「自分の進路を決めるにあたってどのような企業に就職すればよいか、今後はどのような業界が発展するのかが聞けたので、とても参考になりました」(男性、青年)

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る