記事の詳細

画像3 7月31日(土)の朝10:00から、YFWP松江支部のメンバー4人で、介護付老人ホーム施設に訪問し、施設の夏祭りのお手伝いを行いました。

 島根県は特に少子高齢化が進んでいる地域なので、この訪問ボランティアをきかっけにして、地域社会に為に生きる文化、家族文化をつくることを通して、地域の活性化および少子高齢化対策の一助になればという願いを込めて行いました。

 今回は、毎年この時期に行われる夏祭りにボランティアとして参加しました。最初に夏祭りの全体の説明を受けた後、それぞれ、かき氷、フランクフルト、綿あめ、なげ輪・射的の屋台にわかれて、夏祭りに足を運んでくださった、お年寄りの方々、小さな子供連れの家族の方々を笑顔で迎えていきました。

 また、一日中気温も高く、熱い中ではありましたが、笑顔を返してくれた時の喜び、為に生きる喜びを実感したメンバーはとても感動した様子でした。

 屋台が出ている間も、施設の中で様々なアーティストの方がコンサートを行っており、そこにも参加させていただきながら、お年寄りの方々と一緒に楽しいひと時を過ごし、最後は全員でビンゴゲームをして、たくさん交流ができ、施設の入所者、スタッフのかたがたもとても喜んでくださっているようでした。

 メンバーたちからは、「前回より心を開いて接することができた」「お年寄りの方々を通して、与える喜びを感じた」などという感想もあり、充実したボランティア活動となりました。

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る