記事の詳細

00280515_9879 5月15日、社会人6人が集まり、三原市内では初めてのYFWPの清掃活動を行いました。

 今回、活動を行った恵下谷(えげだに)は、三原市内から広島県北部へとつなぐ主要道路がある場所です。利用者が非常に多い山道ですが、車以外あまり通らない所なのでお弁当などのカスを捨てる人も多く、野良犬が多い地域として有名な場所です。

 ドライバーからは野良犬が多いと事故につながりかねないと、行政に苦情が沢山寄せられており、地域の社会問題になっています。人は、汚い所にはゴミを捨てやすいですが、きれいな所には捨てにくいものです。そこで、YFWPとして清掃活動を継続することで、ごみを捨てにくい場所となり、野良犬の減少にもつなげていくことを目標に出発しました。

00280515_9645 普段、人目につきにくい場所なので、空き缶、ビン、ペットボトルなどの他に、扇風機などの家電の不法投棄が多くあり驚きました。作業時間は45分という短い時間でしたが、6人で45リットルのごみ袋11個のごみを拾うことが出来ました。

 参加したメンバーからは、「初めて参加しましたが、何だか心もスッキリしました」「ごみ拾いがこんなに楽しいなんて」「次は道路沿いにある水路の汚泥を何とかしたい」などの声が上がりました。為に生きる喜びを感じ、この地域の発展につながる発見が出来た時間となりました。

 次回は、奉仕に関心をもつ新メンバーを増やし、より良い心情交流、為に生きる実践の場として確立し、ボランティア文化をより拡大していきたいと思います。

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る