記事の詳細

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 5月28日(土)、障がい者デイサービス施設へ行ってきました。施設の利用者の方の参加人数は、これまで10人前後でしたが、前回の活動で、多くの人に参加してほしいとご好意を頂き、今回は24人というたくさんの方が参加して下さいました。

 今回の活動の曲目は『手のひらを太陽に』『幸せなら手をたたこう』『ハッピーバースデー』『カエルのうた』『虹色』『フォーチュンクッキー』『365歩のマーチ』『ルージュの伝言』『優しさに包まれたなら』『365日の紙飛行機』等10曲を歌いました。

 今回はその曲のほとんどが、歌うだけではなく、施設の方と触れ合える手遊びやダンス、振付を交えて歌ってきました。

 振付やダンスはみんなで考えながら作ったものです。今日にいたるまで3回の練習をしてきましたが、どの曲も振付がたくさんある中で、メンバー一人一人が、本当に施設の方々を喜ばせたくて、楽しみながら毎回頑張って練習してくれたなぁと感じます。

 そのかいあってか、施設の方々が喜んでくださる様子がすごく伝わってくる、喜び溢れる素晴らしい活動となりました。施設の方が一緒に前にでて踊って下さったり、振付を見よう見まねで皆さんして下さったりして、楽しんで下さいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA また、触れ合い手遊びの『幸せなら手をたたこう』ではメンバーのみんなが利用者さんと積極的に関わり、皆さん表情が柔らかくなってたくさんの笑顔が見られて、嬉しかったです。5月生まれの誕生日のお祝い『ハッピーバースデー』では、メンバーみんなで、誕生日を迎えられた方の近くへ行き歌ってきました。握手を求め、非常に喜んで微笑んで下さる姿がすごく愛おしく感じました。

 音楽を通して皆さんと家族のように触れ合える貴重な機会を頂けたこと、感謝の気持ちでいっぱいです。今回また改めて感じることのできた素晴らしい家族文化を、これからも発信していきたいです。

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る