記事の詳細

 1月17日(日)に、smileプロジェクトの活動として、今回は10人のメンバーで、特別養護老人ホームを訪問しました。

 事前に集合して、今回は寒中見舞いを渡すということで、ひとりひとりが自分のデザインで寒中見舞いを書きました。また、その後に、歌の練習、体操の練習をしてから出発しました。今回初めて訪問させていただくということで、みんな緊張していました。しかし、職員のかたが温かく迎え入れて下さり、私たちも穏やかな気持ちで訪問させていただくことができました。

 最初に寒中見舞いをおじいちゃんおばあちゃん一人一人に渡し、お話をするところから始まりました。寒中見舞いを渡し、「お身体には気を付けてくださいね」などと声をかけると、「ありがとうね」と答えて下さいました。

 次に、みんなで歌を歌いました。1曲目は、『365歩のマーチ』で、ノリが良く、とても楽しく歌えました。2曲目、3曲目は季節に合わせた曲をということで、『北風小僧の寒太郎』、『冬の星座』を歌いました。4曲目は、『切手のないおくりもの』を歌い、みなさん拍手をしながら歌ってくださいました。

 その後に、『信濃の国』に合わせて体操を行いました。『信濃の国』は昔から歌われているだけあり、知っているかたも多く、一緒に口ずさみながら、体を動かすことができました。また、最後には利用者のおじいちゃんおばあちゃんの歌の披露もあり、とても楽しい時間を過ごすことができました。

 その後、施設の方でお茶をいただき、今日の反省をシェアしました。職員の方からは、「ぜひまた来てくださいね」と声をかけていただくことができました。メンバーも終始笑顔で活動し、とても充実した時間だったのではないかと感じます。その後は、全体で今日の感想をシェアし、活動を終えていきました。

 初めは緊張もしていましたが、利用者のかたとお話をしていくことで、私たちも笑顔になれましたし、「良かったよ」「いい歌だね」という利用者の方の声も貰うことができ、お互いに笑顔を作ることができたのではないかと思います。

■参加者の感想

・利用査さんも一緒に歌ってくださり、嬉しかった。
・寒中見舞いを渡すことで、話しやすくなって良かった。
・感動してくださった利用者さんもいて、また訪問できたら良いなと思った。

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る