記事の詳細

 11月23日、浜線健康パークで青年・学生スポーツ大会を開催しました。中学生から大学生、社会人まで合わせて23人が参加し、スポーツを通して「ために生きる喜びを実感する」ことにチャレンジしました。

 種目は男性がサッカーとアルティメット、女性がバレーボールを行いました。チームは年齢や立場を問わず、中学生から大人までが同じ一つのチームで交流できるようにしました。なかには親子で一緒にプレーする参加者もいました。

 チームがキャプテンを中心に目標に取り組んでいくことを通して、参加者たちは互いに心が一つになる喜びを実感することができました。また、途中から雨も降りましたが、参加者は最後まであきらめずにプレーに完全投入しました。

 今回初めて参加した20代の男性は「久しぶりにスポーツができて楽しかった。またぜひ参加したい」と話していました。

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る