記事の詳細

PA030087 10月3日、第2回多文化フェスティバル2015を開催しました。当日はスタッフを含め、約100人のかたに参加していただきました。参加国は、韓国・中国・ネパール・フィリピン・日本の5ヵ国でした。

 会場内には、食事ブース・衣装体験コーナー・外国人との交流スペースを設置しました。食事ブースは、韓国・中国・ネパール・フィリピン・日本、日韓コラボ料理、飲み物コーナーの7ブースです。日本在住の外国のかたに自慢の手作りの料理を作ってもらいました。

 また今回は初めて、日韓コラボ料理を設けました。アジア圏(特に韓国)のかたが多く住む大阪の街で、海外のかたと一つになりたいという思いで作りました。韓国で有名なお菓子(ホットック)を日本の芋栗南京をトッピングしたものを販売しました。

 外国人との交流ブースでは各テーブルに外国のかたに座ってもらい、自国の文化や趣味等、話していました。

 当日の流れは、ブース出展国の紹介、三択クイズ大会、たたいてかぶってじゃんけんぽんゲーム。そして、エンターテイメントでは、韓国舞踊、フィリピン、ネパールのかたに歌を披露してもらいました。衣・食・音楽を通して、参加者が身近に他国の文化を知っていただくことができました。

 そして、何より会場内にたくさんの笑顔が溢れていたことが嬉しく思います。

 昨年から一年かけて、定期的にミーティングと準備してきた結果、今回のような大きなフェスティバルを開催することができました。このようなイベントを通して、家族文化を実感し、多文化共生社会実現に向けての一歩となればと思います。またこれから、来年に向けて、外国のかたやパートナーシップと協力しながら、準備していきます。

PA030116PA030026PA030074

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る