記事の詳細

 8月16日、愛知県天白区、浄水場グラウンドにて、「2015愛知国際交流ピースサッカー」を朝8時よりキックオフしました。青年連合の11人とネパールやウクライナなどの青年11人が参加し、炎天下の中、参加者たちはサッカーを中心として共に汗を流し、情熱をそそぎながら交流をしました。

 試合ではお互い本気の真剣勝負でしたが、試合後は共に健闘を称えあいながら笑顔が溢れ、人種の違いなど全く感じず、一気に情が近くなりました。人種や言語が違っても、サッカーという共通の目標があれば心は一つになれるという喜びをお互い感じる事ができた良き国際交流の時間となりました。

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る