記事の詳細

150726② 7月26日、福祉プロジェクトとして老人ホームの慰問に行ってきました。

 私たちの大きな全体のVISIONは、「世界中の人を心から私の家族だと思い、愛する実践を率先して行おう」というものです。

 今回は、福祉のプロジェクトだったので、VISIONに沿って「目の前のおじいちゃんおばあちゃんを私の家族と思い、元気に笑顔で歌おう」という目標をたてました。

 約30分で7曲を歌いました。デイサービスの利用者さんは20名ほどいらっしゃいました。歌の途中で「よっありがとう」「すばらしいよ」などいってくださり、とても嬉しかったです。新しく参加したかたも「初めは緊張したけど、笑顔で聞いてくれる姿をみてとても楽しく歌えた」と感想を言ってくれました。

 そのあと、センターに戻り、シェアリングをしたあと、「ドラえもんのおばあちゃんの思い出」を視聴しました。ディスカッションを通して自分のおじいちゃんやおばあちゃんを大切にしていきたいのはもちろんだけど、多くのおじいちゃんおばあちゃんも大切にしていきたいという意見も出ました。

 VISIONにあるように、周りにいる全てのかたを家族のように思って愛していけるように、最後は次回の慰問に向けて鶴を折り、メッセージを書いていきました。新しく参加されたかたも、「いい経験ができた、逆に元気をもらった、また参加したいです」とおっしゃっていました。

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る