記事の詳細

 7月26日(土)14:00~15:30、吉祥寺駅北口から駅前のヨドバシカメラの裏にある休憩所を中継して一回りするコースを通りを30分間活動をしました。その日は、とてもよく晴れていてとても暑い真夏日だったので熱中症や日射病に気をつける必要のある天候でした。

 今回は全体で四人という少ない人数だったのですが、参加者は全員久しぶりに参加する人たちでしたので、とても新鮮な気持ちで活動できました。午後の時間帯であったのですが歩行者はいつもより少なくごみ拾いがしやすかったです。心地よい風が吹いていて暑さを少し紛らわすことができましたが、軽いごみはその風に飛ばされたのか最初の10分間はあまりごみを拾うことができませんでした。

 しかし、下水溝掃除をして大量のたばこやヘドロを取り除き、きれいにすることができて見た目がすっきりしました。途中100円の駐輪場で故障中の自転車置き場のタイヤを入れる溝に空き缶やペットボトル等が大量に詰め込まれていたのを回収することができました。

 他にもベンチのある休憩所では花壇の茂みの中やベンチの下等に隠れているごみがありました。参加者がごみを拾ったり下水溝を掃除する時、参加者の一人が私が手伝ってもらっている時「すみません」と言ったのですが、「感謝します」と返してくれて本当に感謝の気持ちを持って活動しているのが分かりとても印象的でした。

 暑い中活動のモチベーションも上がり、少数ながらもごみが多くある場所に集中して沢山のごみを拾うことができました。とても久しぶりの参加なのにとてもよくごみ拾いを行っていました。

下記参加者の感想です。

「やって良かった。心がすっきりする。大きなことができなくても小さくてもできることからコツコツやっていくことが大事だと思った。6年ぶり位だったけど昔やったのが、しみ込んでいた。」

「まちは、住むために作られているから整えるのは自分たちしだいだなと思った。」

「一部のコースだけだが、注意して見るとゴミが多いと感じた。吸殻が多く、歩きたばこが多いのだろうと感じた。」

KIMG0636KIMG0638KIMG0639

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る