記事の詳細

開墾前 GWを利用して青年10名で今年度の二神島復興PJが開始しました。今回は天気予報も怪しい中でしたが、活動中は上手い具合に天気も持ち、ほぼ計画通りに活動をすることが出来ました。

 久しぶりに島に行くと去年開墾し、切り拓いた畑が再び元の耕作放棄地のような姿に戻っていました。耕作放棄地を放置しておくと、害獣の住処になってしまったり、周りの農地への雑草繁茂の原因になります。そこで今回も島の子供たちにも参加してもらって、一緒に開墾し、スイカやトマト、ピーマンなど様々な野菜を植えてきました。

開墾後 初めて農作業に携わる青年もいて慣れない面もありましたが、お互いに協力しながら一つ一つ作業を行い、見違えるように畑が完成しました。畑づくりのほかには、BBQや害獣退治、貯水池の清掃などのボランティア活動やレクレーションを満喫し、島の魅力をたくさん感じることが出来ました。

 参加してくれた青年たちも『今後は定期的に島にきて、畑の手入れや地域の手伝いをもっとしていきたい』と話してくれました。

 次回は5月の中旬に交流や畑の手入れも兼ねてホタルを見に行く予定です。

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る