記事の詳細

 10月16日に夜間清掃活動を実施しました。活動場所は福岡県久留米市にある総合庁舎周辺地域です。

 毎月1回、20時~21時の間で清掃活動(清掃活動は30分限定)を実施しています。今回の参加人数は15人。初参加の人が一人参加されました。他には仕事帰りに参加してくれたメンバーや大学生が中心です。
 
 初めて参加してくれた男性は、「自分の住んでる街を改めて掃除するのは良いことだと感じました」とうれしそうでした。

 久しぶりに参加したメンバーの感想では、「この清掃活動はごみの担当を決めて、それぞれ声を掛け合って行うので単なる清掃活動だけにならず楽しいです」と。

 いつものメンバーは「排水溝の溝にあるタバコを拾おうとして中に落としてしまったことが本当に悔しいです!」と、楽しく清掃することと奉仕活動に対しての責任感が成長していっているように感じました。

 また、都合で参加できなかったメンバーからは自宅周辺を清掃して「タバコは12本、缶を1本拾いました!」と報告があり、奉仕活動への意欲と仲間意識が強くなっていることに嬉しく思います。

 そして、タバコは特に集計しながら清掃していますが、ついに今年の累計が3210本と3000本を越えました!多くの数を拾う楽しみもありますが、なかなか減っていかない現状に悔しい思いです。
 
 久留米の街をもっと愛していきます!!と反省会ではそれぞれが次回への決意を胸にしていました。

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る