記事の詳細

クリーンアップ・プロジェクト 10月18日、秋晴れで過ごしやすく、家族連れが行き交う三鷹駅周辺を、新参加者3人を含む11人でクリーンアップ活動を行いました。

 三鷹駅周辺は、一見するとごみがないように感じるのですが、実際は生垣や自販機とそのごみ箱の裏、建物と塀のわずかな隙間など目につかないところから、缶や先日の台風で壊れたと思われる傘を大量に発見して驚きながら、みんな熱心に掃除を行っていました。

 また、今回はメンバーも多く、新参加者も多かったので、チーム内では、よくメンバー間で名前を呼び合い、自転車が通る時には注意を呼びかけあいながら、また、街の人たちには挨拶や電車を見ている親子に話しかけたりと、よい雰囲気で行っていくことができました。

クリーンアップ・プロジェクト 2回目の参加となるHさんは、前回はかなり緊張していましたが、今回は燃えないごみ袋を担当して、他の人のごみを受け取ったり、積極的にごみ拾っていてとても生き生きとしていました。聞いてみると、このクリーンアップをしてみて、以前は家の庭掃除が苦手であったけれど、今は好きになったそうです。

 初めて参加したIさんは、「思ったより色々なごみが落ちており、短時間だけれどこのような活動の積み重ねていくことが大切だと感じた」という感想を頂きました。

 その他参加者の感想としましては、

・目標として「チームがきれいな街を築くことに対してどこまでも一つになるのを目指す」を持ち、チームワークを意識して挨拶や声掛けを行うことができた。チームだからできるアクションであった。

・色々なコースがあるので、新しい街発見ができ、自分の住む街をより誇れる気がした。

・皆の優しさや気遣いを見て、このような人たちになりたいと思えた。

というものがありました。

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る