記事の詳細

 2014年8月9日(10:15~12:25)三鷹通り~高架下付近を新参加者1人を含む6人で活動しました。台風の影響で夏らしい厳しい日差しはなく曇り空の下、風が吹く中で活動しやすい気候でした。

写真 2014-08-10 18 34 08 午前中の活動時間であったことと雨が降る前だったため街の人通りは多く、挨拶が飛び交い良きコミュニケーションができていました。また、三鷹のごみは小さいものが多く目に付く大きなごみは少ないため、植え込みの奥や花壇など通常歩いている目線からは見えにくい場所を積極的に見ることでたくさんのごみが拾えました。

 一人では取りきれなかった部分も他のメンバーが補うことでチームワークよく活動できました。高架下も以前に比べれば大きなごみはなく、ごみを拾うこと以外に真っ黒な壁などを拭くことでキレイにしていきました。

 以下、参加者の感想です。

「楽しかった。ひとりではできない。チームだからできる。普段、他人(道を歩く人)に挨拶とかしないのにいいことだと意識したら挨拶もできた。なにより自分以外の人のために何かできたということが楽しく喜びを感じた。」(初参加者)

「普段あまり直接関わり合いがない世代の人(高齢者)に挨拶を通して愛(喜び)を感じた。」

「ありがとうと街の人から挨拶をしてくれてとてもうれしかった。」

「チームのために自分が何ができるか考えたけど、体が動かなかった。普段からの意識が大事だと思った。」

「小さなごみでもおろそかにせず、キレイにできるからこそ大きなことを成し遂げることができると感じた。」

「ちょっとしたことであるけど、他のために生きることができるんだと感じることができました。」

「ぞうきんで拭いた場所が真っ黒から真っ白になってすっきりして心が明るくなった。」

 一人ひとりが楽しんで、チームのため街のためにと「他のために生きる」ことを感じることができた活動でした。また、一人では感じることができないチームで活動することの喜びが溢れていたと思います。

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る