記事の詳細

 5月24日、三鷹駅周辺の清掃活動を行いました。少人数の4人で行いましたが、ごみは思ったより多く、活発な活動となりました。

 今回はオーナーシップを目標にして、それぞれが「チームの為に何ができるか?」「三鷹をモデル地域にしていきたい!」という思いでスタートしました。

11867 三鷹駅には幾つか高架下通路が存在し、地下ということもあって陰湿で印象がよくありません。ですから、キレイを保てるよう定期的に清掃しています。また、高架下は自転車が多く通っていたので、チームへの声掛け(危機管理注意)と街のかたへのあいさつを行うことで明るい雰囲気作りができました。

 2回目の参加者もいて、彼女は「一人ではできないけどみんなと一緒だからあいさつを積極的にできました。」と言い、「花壇やつつじの木の花を見て、街をキレイにしなきゃと勇気をもらった。」とリフレクションでは答えていました。運営側も気づかないコメントに刺激され、新しい風が吹いてます。

以下、参加者の感想です。

・自分が住んでいる街だからもっときれいにしなきゃという思いが強くなった。
・目につかないところにごみが多く、ここに隠しているところから世間の性格を感じた。
・iPhoneが落ちていたのが印象的だった。
・チームで互いに拾い損ねたところを、別の人が補いあっていたのが温かかった。

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る