記事の詳細

 5月25日(日)、JR大阪環状線 寺田町駅~天王寺駅周辺において清掃活動を行いました。参加者は14人でした。

 今回、久しぶりに初参加の方が多い日でした。2班に分かれて、清掃活動をしました。公園内を清掃中、遊んでいた子供たちが、ごみ拾いを手伝ってくれました。やっと地域の人との清掃が実現した感じでした。道を清掃中も、最近引越してきた婦人のかたが、声をかけて下さいました。

≪参加者の感想≫

DSCN7802

◆子供が手伝ってくれたり、地域のかたがたが声をかけてくれたりと、温かさを感じました。タバコの吸い殻が多いのが気になりました。チームワークもよく、楽しかったです。また参加したいです。(初参加・鍼灸師・女性)

◆ごみを拾う事で、町をキレイにしているという感覚がとても実感できた。自分達だけでなく、周りの人達や子供達も協力してくれてとても嬉しかった。町の人達にも声をかけて、飛び入り参加もいいのではないかと思った。(初参加・介護士・男性)

◆ごみの多くがタバコの吸い殻で、喫煙者のかたは気軽にポイっと捨ててるかもしれないが、そんな人が多くいることであんなにたくさんのごみにつながるのだと思った。通りを歩く人が「ありがとう」と声をかけてくれて嬉しかった。(初参加・学童保育・女性)

◆公園で子供たちが一緒にごみを拾ってくれたのが嬉しかった。ポイ捨ての文化ではなく、ボランティア文化を大人たちが子供たちに見せてあげることで子供たちも、大人から学んでいくんじゃないかなと思いました。(リピーター・DA・女性)

◆子供たちが清掃活動を手伝ってくれたり、「ありがとうございます」と声をかけて下さるかたがいらっしゃったり、大変嬉しかったです。子供たちは私たちが思っている以上に大人の行動を見ているんだな、と感じました。いいお手本になれるように今後も活動を続けていきたいです。チームワークもよく、楽しんで活動できました。(リピーター・歯科助手・女性)

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る