記事の詳細

 GWの最終日となった5月6日、「グローバルビジョンセミナー」と銘打ち茨城県土浦市にある予科練平和記念館を見学しました。

 靖国にある遊就館とはまた違って、予科練で行われていた軍事教練や生活ぶりが主な展示内容でした。そこでは、徹底した生活訓練、頭脳訓練、心身の鍛練が行われていて、単なる兵士を育てるところではなく、立派な人格を備えた一軍人を養成する場でした。日本の教育力の素晴らしさを実感しました。

 残念ながら多くの若者たちが戦地で命を落としましたが、s-P1030228彼らが生きて国のために奉仕していたらどうだっただろうかと考えずにはいられませんでした。

 午後は近くの公園でスポーツをし、交流を深めました。

 参加者からは国のために奉仕するとはどんなことなのかを考えさせられた、実力を磨くためにはやはり訓練を受けなければならない、といった感想があり、それは全員が共有できる内容でした。

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る