記事の詳細

 ゴールデンウィークの後半、5月3日・4日で開催されたさいたま市のイベント「国際友好フェア2014」に、つばさの会(世界平和青年連合西埼玉青年連合会所属)として参加いたしました。

 参加人数は16人でロシア、タイ、フィリピンの国際家庭も参加しました。

 イベント全体では世界の料理紹介、民芸品の販売、外国の音楽や民族舞踊の披露などが行われ、約30ヵ国72団体が参加していました。私たちはロシアとタイの民芸品の販売と海外教育支援の活動報告を行いました。

写真 1 (1) 民芸品の販売はロシア・タイ・フィリピンの婦人や子供たちと一緒に行いましたが、青年たちは各国の文化を知る良い機会になりました。

 また、ブースに立ち寄られたかたがたには、教育支援を受けている海外の子供たちに向けて、一言メッセージを書いてもらい、それを色紙にして送るという取り組みを行いました。

 メッセージを書いてもらう活動を行いながら、自分たちがどれだけ恵まれた環境で生活できているのかという再認識と、世界にはまだまだ自分たち青年が知らない世界がたくさんあるんだと気づかされました。今できることはこのくらいの事ですが、少しずつ形にして、もっと具体的に社会や国に貢献できる活動へと展開していきたいと思いました。

 そのためにも、意識ある青年がもっと世界に目を向けて活動していくべきだと感じました。次回は埼玉県のイベントとして秋に国際フェアがあるので、今回の活動をもとにさらに大きな企画を立てて臨みたいと思います。

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る