記事の詳細

 4月5日、大阪市内の会場にて、通信制高校の入学式に参加しました。メンバーの知人のかたが運営している学校で、「少しでも温かく、和やかな雰囲気で新入生を迎えてあげたい」という気持ちで、エンブリに演奏を依頼されました。

 今回のエンブリは5人編成でした。ボーカル3人とピアノ、そしてギターです。いつもはピアノ伴奏だけですが、今回はギターが入り、いつもと違うアレンジの演奏ができました。

 演奏したのは、キロロの「未来へ」と、コブクロの「今咲き誇る花たちよ」の2曲です。

 1曲目は、参列されているご両親との絆を思いながら、2曲目は、これから伸び盛りを迎える若い命に、心を込めて演奏しました。

 聞いてくださったのは新入生3人と、ご両親や先生方、十数人。校長先生は、「大人の比率が高いね」と笑いながらも、「一人の子供をどれだけ多くの人が支えているかということがよく分かるね。」とおっしゃられていました。先生方と保護者のかたが協力して作った会場はとても温かい雰囲気で、このような場に参加して、お祝いの歌を歌わせてもらえて、とてもうれしく感じました。

■参加者の感想

・入学生を喜ばせようという心で向かうことができました。皆さんが笑顔になってもらえる一つのきっかけを作れてよかったなと思います。この場に呼んでいただけたことが感謝でした!(20代女性)

・こういう学校ができて本当に良かったと思います。先生方に感謝です。(30代男性)

・とにかく心を込めて準備して実践することが大切だと感じました。新入生が一生懸命聞いてくれてうれしかったです。(30代女性)

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る