記事の詳細

s-DSC02804 3月9日(日)、広島市太田川河川敷で朝8時30分より45分間、清掃活動を25人で実施しました。道路周辺に捨てられている大量のゴミをみんなで手分けして拾い、川沿いをきれいにしました。

以下は参加者の感想です。

s-DSC02817 短い時間の清掃だったけれど、広島市民として広島を愛する思いで一つ一つゴミを拾う中で、前向きな気持ちになりました。一般的に見てゴミを拾うことは大変だし、面倒くさいけれど、キレイになった太田川を見て喜ぶ人が一人でもいるんだなと思ったとき、その行為が誇らしく、楽しくなるのを感じました。私がそのような気持ちで清掃するとき、清掃メンバーの雰囲気が変わったように感じ、より一体化した内容だったと思います。より良い奉仕文化を広めるために、まずは私から変わることが大切だと感じた清掃でした。

 朝早くからの清掃活動でという中で、それでも多くの青年が集まり、笑顔で清掃する姿に、このような文化が根付けば世界は本当に変わるだろうなと感じました。 一人一人、本当に一生懸命で、みんなが手持ちのゴミ袋をいっぱいにしていて、最後の分別までみんながお互いのために活動したいる文化に改めて感動しました。 清掃場所も本当に汚かったけれど、最後に本当にキレイになった姿を見て心洗われる活動時間でした。

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る