記事の詳細

 1月25日(土)、大阪市内の地域交流サロンで行われた演奏会に参加しました。この演奏会は、地域ぐるみで子育てやお年寄りのケアなどに取り組む活動をしているNPO団体が主催しています。趣味で音楽活動をしている地域の団体や、家族や友人と演奏活動をしているグループなどが出演しています。

 会場には、中高年のかたから、子育て世代、子供たちと、さまざまな年代のかたがたが集いました。「音楽を通して三世代が笑顔になれる場を作ります!」という私たちのミッションを強く意識できる環境でした。

「三世代を笑顔に」をミッションにしてから2年間活動してきましたが、まだまだ年配のかたが歌っていた曲は知らないものがたくさんありましたし、子供たちのことやいろんな世代の人たちのニーズもよく知って、皆さんにさらに楽しんでもらえることを見つけていきたいと思いました。

 また、今回は、レギュラーメンバー4人に加え、初めてエンブリの演奏活動を体験したメンバーが2人いました。緊張しながらも、一緒に観客の皆さんを楽しませてくれました。

二人の感想をご紹介します。

「『幸せなら手をたたこう』のとき、交流で肩をたたいてあげたおばあちゃんが本当にうれしそうにしてくれました。人とのふれあいの楽しさを感じました。わんぱくな子供たちとも遊べたし、最高でした」(25歳、男性)

「歌うことってすごく楽しいということが分かりました。(他のグループの演奏を通して)昔の曲を知るよいきっかけにもなりました。また参加できたらいいなと思います」(27歳、女性)

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る