記事の詳細

 2月9日、日曜日の午後、「大型絵本とうたの会」を行いました。これは絵本の読み聞かせグループさんとのコラボ企画です。いつも半年に2回のペースでコラボしていますが、今回は特別に「大型絵本の広場」に出展している期間内のイベントに誘って頂き、初参加の3名も含めて10人という大人数で参加できました。

P1100911 大型絵本は、多人数でのおはなし会向けに、定番の絵本を大きくしたものです。高さが約50センチくらい。ページをめくると大きな絵で、物語の世界が広がるので、迫力があります。この大型絵本を読んでもらいながら、エンブリが音楽をつけました。

「お弁当バス」は、同じ題名の絵本と手遊び。「はらぺこあおむし」では、絵本のおはなしを、そのまま歌いながら読みました。「ぐりとぐら」では、野ネズミのぐりとぐらが、歌いながら散歩したりカステラを焼くシーンがあり、読み聞かせグループの方のオリジナルのメロディーを教わって歌いました。

 また、メンバーたちのチャレンジ企画として、「よかったね、ネッドくん」という絵本に、ピアノでBGMを。よい事と悪いことが交互におきるストーリーにあわせ、明るい音楽と暗い音楽を考えてつけました。

 もう一つのチャレンジ企画として、エンブリメンバーがつくったパネルシアターもしました。雪だるまに、どんな服を着せてあげるか、選ぶお話です。「きょうりゅうのふくにしようよ!」と、男の子からの積極的な提案があったりして、どきどきしましたが、子ども達が一緒に楽しんでいて、とても良かったです。

以下、参加者の感想です。

・初対面の人を笑顔にさせるって結構難しいなと思った。子ども達が真剣に絵本に向かっていて可愛かった。(20代女性・初参加)

・楽しかったです。普段は演奏を聞いてくれる人がすぐ目の前にいることがないので、すごく近く、顔を見ながら歌う事ができてよかったです。また参加したいです。(10代女性・初参加)

・にこにこしてくれて、仲良く聞いてくれて嬉しかったです。途中で泣いている子もいましたが、最後は笑っていてほっとしました。(20代女性・初参加)

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る