記事の詳細

 2月23日(日)、愛知県高浜市の419号線沿いで晴れた青空のもと、青年と壮年15名が世代を超えて心をひとつにして清掃活動をしながら交流をする事が出来ました。

 兄弟姉妹と楽しい雰囲気のなか清掃活動が始まりました。目標を胸に実践していくと、ただ平和や良いものを願うだけでなく実際に動いていく姿が、これこそ平和活動だと実感できました。

P1090703 道行く人全てに挨拶をしました。ご苦労様と返してくれる言葉やじっと見ている方などを通して、私たちの活動が影響を与えていることも分かりました。

 この場には驚くほどゴミがたくさん捨てられていて、どれだけ思いをつくし、根気強く諦めないで最後まで責任を持てるかが重要になってくることを感じました。まさしく、主人になる必要があると感じました。

 今回のゴミ拾いは、ただのゴミ拾いではなく目標を掲げて挑み、達成できたので、より充実感に満たされました。清々しい気持ちでした。また早く活動したいし、ずっと継続していきたいと思いました!

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る