記事の詳細

 1月12日(日)、年明け最初の清掃活動でした。

 昨年の一月は敷地内が落ち葉で埋め尽くされ、石が見えない程でしたが、今年は全く落ち葉がなく、もう、雑草が生えていました。今月もメーンの場所を、主体的に清掃されている会員さんがお休みのため、ユニプロメンバー4人で清掃しました。

 いつもはその場をもっと朝早く来て、1人で清掃している方なので、見習う事がたくさんあると感じます。会員の方と新年の挨拶をし、定例会ではしょうが湯を頂きました。

 清掃後、韓国の大学生たちがここを訪れ写真を撮っていました。会員さんに通訳してもらいながら、写真を一緒に撮ったりして交流し、寒い中の清掃ですが、ほっこり温まりました。

 昨年同様 新年会にも参加させて頂きました。

≪感想≫

◆団体のお客さんがいて嬉しくなりました。写真を撮ったりしていたので、少しでもキレイに写るように清掃しないといけないと思いました。「アニョハセヨ」と挨拶することで、初めて外国の方に自分から話しかけることができました。一時的に仲良くなって一緒に写真を撮ることができて良かったです。(リピーター・会社員・女性)

◆新年の挨拶を会員のみなさんとすることができた。少し離れた所に会員さんがいて、私から挨拶しに行ったら、「ありがとう」と言われた。自分から行動することで相手を喜ばすことができると改めて感じた。今日は会長さんから任されて場所の清掃が意外と早く終わり、休憩所の横の砂利の所に落ちれいた落ち葉をかき集めたり、草抜きをしたりしました。ホウキで掃いても砂利の上だから、掃きにくくてめんどくさいと思ってしまった。でもやり続けるときっと達成感を感じてるだろうと思って、やり続けました。落ち葉の下からゴミやタバコが出てきました。もし、私が諦めて、この場所を掃除しなかったら、このゴミは回収できなかったし、小さなことでも、やることでプラスになるんだと感じた。 (リピーター・会社員・女性)

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る