記事の詳細

 11月30日(土)、大阪の在日韓国人のかたがたのデイサービス施設へ訪問し、音楽会を開催しました。こちらでの活動は7月以来だったので、施設のかたやおばあちゃんたちが、「久しぶりだね! また来てくれたのね! 元気だったの?」と笑顔で迎えてくださったのがうれしかったです。おばあちゃんのうちに遊びに来たような気分で、リラックスできました。

 今回の演奏では、おばあちゃんたちと一緒にできる動作や振り付け、一緒に歌える歌を選んでいきました。『ピクニック』では、動物の鳴き声をやってもらったりして、盛り上がりました。

131130angel_bridge01 何よりも良かったのは、演奏の後、施設のかたが、韓国のノリノリな歌謡曲のCDをかけてくださり、「皆で踊って!」と言われたときです。おばあちゃんたちの世代は、土曜日の夜になると、皆で集まって踊るのが楽しみだったそうです。その頃のように立って踊るかたもいましたし、足が悪くて踊れないかたも、上半身で踊ったり、リズムを取ったりされていました。いつも温かく迎えてくださる施設の皆さんに感謝しています。

以下、参加者の感想です。

「思っていたより、おばあちゃんたちが動物の鳴き声やダンスに参加してくださり、驚きました。歌を歌うって気持ちいいと改めて思いました。動きが激しいダンスでしたが、みんなイキイキしていてよかったです」(メンバー)

「ただただ楽しかったです。おばあちゃんたちとの直接の触れ合いがうれしかったです。血のつながりがなくても、心の壁を取り払うことができるのだな、と思いました」(リピーター)

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る