記事の詳細

 6月30日(土)、第13回「青年指導者フォーラム」を開催しました。テーマは「中東に見る異文化理解と宗教的価値-日本青年への期待」。メーン講演ではジャーナリストとして活躍されている先生より、「アラブの春」から1年半がたった今も、なお混迷が続く中東情勢について、宗教的価値観の視点から読み解いていただきました。

 地球の裏側で起きている出来事として疎遠に感じがちな中東情勢ですが、参加者はメディアから伝わる印象とは一味違った中東について知ることができました。

 また、日本の「和」の精神文化が異文化理解において大きな可能性を持っていることに気付く貴重な時間にもなりました。

 ディスカッションでは「中東をもっと理解するための私たちの5か条」をテーマに、文化、宗教、政治、歴史等をより深く理解するために自分たちができることについて語り合い、中東を身近に意識するきかっけとなりました。

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る