記事の詳細

 8月18日(日)、大阪市のJR寺田町駅から天王寺駅間の道路のごみ拾いを行いました。今月は暑さ対策のため、開始時間をいつもより1時間半遅らせて、清掃時間も10分短縮しました。

 お盆休み明けということもあり、ごみの量はとても多かったです。公園内に、花火のごみが大量に入った袋が隠れたところに置いてあったり、暑いせいもあってか、ペットボトルや缶・ビンのごみが多く目立ちました。

以下、参加者の感想です。

「やりがいをとても感じました。目標の全体達成を通して、チームワークを感じました。地域のかたにあいさつをしていく中で、『ご苦労さまです』と返事があったことと、ごみの量の多さを目の当たりにし、この活動が地域のために必要だと実感できました。次回は、個人でもキャップを集めたいです」(初参加、男性)

「街の人とあいさつできて、返事もよく返ってきて、気持ち良かったです。暑い暑いと思っていたけど、風が気持ちよく吹いていて、もう秋が近ついているんだなーと思いました」(リピーター、女性)

連合会・プロジェクト関連記事  

ミッション関連記事

ミッション別活動最新情報

連合会・プロジェクト検索

ページ上部へ戻る